2017.06.27更新

1不規則な生活
  睡眠不足、悪い食生活習慣、 運動不足、過労など
 ストレスにより副腎皮質ホルモンが分泌され免疫機能が低下し、歯周病が悪化します。
2口呼吸で口が乾燥して唾液の作用が低下します。
3歯ぎしり・かみしめなどによる歯にかかる過剰な負担。
4糖尿病などの全身疾患が歯周病を悪化させることがあります。
5女性ホルモンで、思春期に歯肉炎の発症がみられることがあります。
6喫煙は歯周病を発生させたり、悪化させます。


投稿者: またほ歯科

2017.06.21更新

 

歯周病を悪化させる原因(歯垢が原因ではない場合)

1ストレスにより副腎皮質ホルモンが分泌され免疫機能が低下し、歯周病が悪化します。
2口呼吸で口が乾燥して唾液の作用が低下します。
3歯ぎしり・かみしめなどによる歯にかかる過剰な負担。
4糖尿病などの全身疾患が歯周病を悪化させることがあります。
5女性ホルモンで、思春期に歯肉炎の発症がみられることがあります。
6喫煙は歯周病を発生させたり、悪化させます。

投稿者: またほ歯科

2017.06.13更新

歯肉炎・歯周病の原因

 歯周病の主原因もむし歯と同じように細菌が関与しています。

歯肉炎や歯周病の直接の原因はむし歯と同じプラークです。
プラークの中に歯周病を引き起こす歯周病菌がいます。
それらは、菌体内から毒素を出して、歯肉に炎症を起こしたり、歯の周りの骨を溶かしたりします。
いずれも痛みはほとんど伴わずに症状が進行していきます
気が付いたときには手遅れになっていることがあります。
そのためにも定期健診を受けて、歯科医師の適切な指導が必要となります。


投稿者: またほ歯科